介護リフォーム

高齢社会と言われる日本において、今注目されているのが介護リフォーム。

介護する側の負担が軽減できるように、手すりやスロープの設置したり、廊下・出入り口に車イスが入るほどのスペースを確保したりするお客様が増えてきました。
介護する側もされる側も気持よく快適に生活できるよう、当社がサポートいたします。

また、バリアフリーリフォームも承っておりますので、うちはまだ大丈夫と思わずに先々を見据えたリフォームを行いましょう。

介護リフォームの対象となる工事内容

□手すりの取り付け
□床の段差解消
□滑りの防止、移動の円滑化等のための床材の変更
□引き戸などへの扉の取り替え
□洋式便器などへの便器の取り替え

将来を考えたバリアフリーリフォーム

今は元気でも人は年を重ねるとともに、体力が衰えていくもの。
バリアフリー設計にして困ることはありませんので、先々のことを考えるなら早めにバリアフリーリフォームをしておきましょう。

現在の住まいの安全性・快適性をチェックし、気になる箇所は事前に改善しておきましょう。

住まいの安全チェック

□出入り口や廊下などに段差がある
□階段が狭い、角度が急
□廊下が車椅子では通れない狭い
□浴槽内がすべりやすい
□トイレが寝室からも離れている
□設備や建具が使いづらい

当てはまる項目があれば、将来リフォームする必要があります。
リフォームは精神的にも肉体的にも労力を伴うもの。
今のうちに要望通りのお住まいにしておくことが、先々の安心へとつながります。

一覧ページに戻る