水回りリフォーム

人気NO.1の水回りは、優先するポイントを考えて

実はリフォーム箇所で最も人気が高いのが、キッチン、お風呂、トイレといった水回り。
使用用途が明確で、ご家族みんなが毎日使うからこそ、使いにくさが目につきやすい場所だといえるでしょう。

収納スペースの容量は充分にあるか?掃除はしやすいか?など、きっとご家庭それぞれに注目するポイントは違うはず。
各メーカーが様々な製品を販売していますので、普段のライフスタイルを振り返り、施工の優先順位をはっきりさせておくことが、後悔しないリフォームのポイントです。

水回りは特に傷みやすい箇所のため、まだまだ使えるように見えても、実は内部で腐食が進行していることも。
水漏れなどのトラブルを発見した際は、一度プロに点検をご依頼ください。

 

こんなリフォームはお任せください

◎キッチン

システムキッチンには様々なレイアウトがありますので、入れ替えの際は作業効率を考えてベストな型を選びましょう。
短時間で手際よく調理したい方には、シンク・コンロ・作業スペースが一直線に並んでいて、移動距離が短いI型キッチンがおすすめ。
数人で調理したい場合など、作業スペースを広くとりたい場合は、L型やII型のレイアウトが便利です。
いずれも普段の調理スタイルを振りかえって、ベストなレイアウトを選ばれるのがおすすめです。

◎お風呂

ご家族みんなのリフレッシュスペースであるお風呂場は、お子様も高齢の方も快適に利用できることが大切。
立ったり座ったりが楽にできるようにバリアフリー設計にしたり、中に段がある浴槽をチョイスして小さなお子様も座りやすいようにしたり、全員が安心して使える設計にしておきましょう。
色やデザインも様々なものがありますので、お好みに合わせて内装にこだわるのも◎
浴室暖房機やミストサウナ、浴室TVなどを設置すれば、ワンランク上のバスタイムを楽しめます。

◎トイレ

ニオイや便器の黄ばみといった汚れが気になりやすいのがトイレ。
フチなし構造の洗いやすい便器や、消臭機能、防汚機能のある壁紙・床材に入れ替えれば、いつも清潔でクリーンな空間を実現できます。
また最近ではトイレは節水型が主流となっており、10年前と比べると、水の消費量が約1/3になったというデータも。
タンクレス型のコンパクトなトイレも数多く登場しており、インテリアにこだわる方にも好評です。

◎洗面所

洗面用具や化粧品、掃除用品や洗剤の買い置きなど、洗面所には意外とたくさんの物が置いてあります。
そのため最も重視したいのは収納力。
サイドキャビネットやアッパーキャビネットを自由に取り付けることができるシステムタイプなら、洗面所の広さや形状に合わせて、様々なコーディネイトができて便利です。
最近ではデザインにこだわりたいという方のために、造作タイプの洗面台も充実しています。

一覧ページに戻る